sanatio-staff blog

sanatio-staffによるプライベートblogです。 毎週金曜日更新です(不定期更新もあり)。

話題のワインみ~つけた

ロシアでワールドカップが開催された今年の夏、
世界的に有名なサッカー選手のJリーグ移籍には、誰もが驚きましたよね。

せっかく日本にいるんですからサポーターでなくとも、“一度くらい観戦したいなぁ”
なんて思ったりしませんか?でもきっと、チケット取り辛いんでしょうね。

ところで、その世界的な選手は、ネットニュースによると、
サッカーだけでなく、故郷でワイナリーを経営しているのだとか。
気になるワイナリーの名は、「Bodega Iniesta(ボデガ・イニエスタ)」。
スペインの凄く有名な選手の名前が入っていますね。

そして今回私は、偶然通りかかったお店でそのワインを見掛けたのです。
ちょうど友人宅でのホームパティー?宅飲み?の手土産を探していたこともあり、
ワインに詳しくないにもかかわらず、
・サッカー選手と分かるラベル
・当日の料理は手巻き寿司
という理由で、
Minutos 116 Blanco(ミヌートス116ブランコ)《写真右から2本目》を
“お手頃価格だし、話のネタにみんなで飲もう”と、即購入しました。

あとでホームページを見ると、
ロゼワイン《写真右から3本目》も造られているようでしたが、
お店では見掛けなかったなあ。


image001_20181012093358364.png


【Corazon Loco Selection(コラソン・ロコセレクション)】《写真左から1本目》
 プレミアムクラスのフルボディ赤ワイン。肉などのしっかりした味の料理と良い相性。

【Corazon Loco Tinto(コラソン・ロコティント)】《写真左から2本目》
 ミディアムボディ赤ワイン。チェリーなどのアロマから果実を感じる親しみやすい味。

【Corazon Loco Blanco(コラソン・ロコブランコ)】《写真左から3本目》
 辛口白ワイン。グレープフルーツなどの香りで、トロピカルな優しい口当たり。

【Minutos 116 Tinto(ミヌートス116ティント)】《写真右から1本目》
 ミディアムボディ赤ワイン。フルーツバスケットのような香りの軽やかな口当たり。
2010年W杯決勝戦の「116分」に自身が決めた決勝ゴールの記念ワイン。

【Minutos 116 Blanco(ミヌートス116ブランコ)】《写真右から2本目》
 辛口白ワイン。フレッシュなリンゴや洋梨の香りで、さわやかな味わい。
 2010年W杯決勝戦の「116分」に自身が決めた決勝ゴールの記念ワイン。

さて、実際のお味の感想はと言うと、
白ワインなので前日から自宅の冷蔵庫で冷やし、準備万端で持参したはずが、
まだ残暑厳しい9月だったこともあり、友人宅へ到着する頃には、
常温とまではいきませんが、美味しく飲める温度じゃなくなっていました。
結局その日は、豪華な料理とお喋りでお腹いっぱいになり、ワインはお預け。
という、よくある話になってしまいました。残念。

もちろん、友人には気にせず全然飲んでもらってていいんですけど、
心のどこかに淡い期待を残しつつ、
いや、潔くまた見つけた時のお楽しみということにしておきます。
\(゜ロ\)(/ロ゜)/


公式ホームページ(スペイン語) http://www.bodegainiesta.es/
日本リカー(株)特集ページ http://www.nlwine.com/winery/iniesta/


【writer:Staff - はんな 】
【検索タグ:ワイン】

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2018/10/12(金) 09:00:00|
  2. はんな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋グルメ旅

先日、名古屋に行ってきました。
最近出張でも行きましたが、プライベートで行くのは久々でした。

ちなみに、出張の時はさすがに新幹線を利用させてもらっていますが、
プライベートではケチケチと近鉄(鈍行)に乗って行っています\(^o^)/

新幹線(自由席)だと新大阪~名古屋まで5,830円ですが、近鉄だと鶴橋~近鉄名古屋まで2,360円です。
さらに金券ショップだと1,800~2,000円くらいの値段で行けます☆

現地でお金を落としたいので、節約できるところは節約するのが私のスタイルです\(^o^)/
なお、鈍行なので時間はすごくかかります。時間優先の方は迷わず新幹線か特急がオススメです!

名古屋に到着したら、まずはお昼ごはん!

タイトルなしのコラージュ

大名古屋ビルヂングの中にある「酉しみず」で名古屋コーチンの親子丼を食べました。
親子丼にかかっているのは、味噌です!

名古屋コーチンを使っているところで既に普段食べている親子丼と違いますが、
味噌がかかっていることで、より新鮮な感じがしました!

強調しすぎなくて、ちょうどいい味わいでした\(^o^)/
セットの白菜サラダも鶏がらスープも美味しかったです\(^o^)/

このあと名古屋をぶらぶらして、次はおやつタイム!
事前にいろいろ調べてて、惹かれるメニューがあったので、こちらのお店にしました。

IMG_6198.jpg

大須商店街の近くにある「吾妻茶寮」です。
中に入ってメニューを見ると、美味しそうなかき氷がたくさん載っていました!

かき氷もいいな~とかなり目移りしましたが、目的だったこちらのメニューを注文しました!

キャプチャ

吾妻フォンデュ「抹茶フォンデュ」です\(^o^)/
さらにセットでわらびもちに、アイスクリームに、しょっぱいもの(ポテチと塩昆布と梅)に、
ホットミルクに、ほうじ茶(もしくは、コーヒーか紅茶からも選べます)!!!!
いろんなものを少しずつたくさん食べたい女子にはかなり嬉しいスイーツ!!!!

ちなみにお重の中身は、こちら♪

タイトルなしのコラージュ2

秋ですね\(^o^)/
その名の通り、抹茶にフォンデュして頂きました。
アイスクリームにかけても美味しい!そしてホットミルクに抹茶を入れると抹茶ミルクになります!

しっかり堪能して、名残惜しく名古屋を後にしました~。
今年も各地で食欲の秋を楽しみたいと思います\(^o^)/


酉しみず: http://www.salt-inc.co.jp/tori-shimizu/
吾妻茶寮: http://azumasaryo.com/


【writer:Staff - hina 】
【検索タグ:ご当地グルメ】

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2018/10/05(金) 09:00:00|
  2. hina
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DAZNの席巻が止まらない

今年の初夏、DAZNに加入しました。

フジテレビが2016年に、地上波に引き続きBSのF1放送を断念してしまい、
しばらくF1情報から遠ざかっていたのですが、
春頃に、今年のF1はとても面白い!との噂をきいたのが、
DAZN加入を考え始めたきっかけでした。

更にメジャーリーグに移籍した大谷選手の、
「メジャーが大谷の洗礼を受けている」とニュースサイトで言われるまでの活躍もあり、
両方共に生配信で観られるのなら、ひとまず1ヶ月試してみようと思い、色々と調べた結果・・

例えガラケーであっても、ドコモの携帯回線を契約中のユーザーなら、
通常月額1750円のところ、980円で契約が可能とのことで、飛びつくように加入しました。

dazn.jpg

DAZN公式サイトより :  https://watch.dazn.com/

家での視聴は、以前に購入したAmazonのFire TV Stickをもっていることもあり、
専用のアプリをダウンロードするだけで、テレビの大画面で観ることができ、とても快適です。

ネット配信でスポーツを観る・・ということにイマイチ実感がなく、
スカパーやWOWOWがネット配信されているようなイメージしかもっていませんでしたが、
殆どの番組が、見逃し配信をしてくれるのは大きな魅力だと思います。

しかも、プロ野球やJリーグは、全ての試合が同時配信されているというのは、最初不思議な感覚でした・・
(放送権の関係から、主催球団によって、放送できない試合や、ディレイ放送の試合もあるようです。)

更に契約してから、特集コンテンツの豊富さにも驚きました。

特に、F1のレースごとにモータースポーツジャーナリストの小倉茂徳氏が振り返りながら解説する、
「F1 LABO 」は、各チームの戦略などを含めて詳しく解説してくれているので欠かさず見ています。

今までほとんど触れることのできなかった、F2の情報について特集してくれるところも、
とてもありがたいです。



ワールドカップ明けのJリーグには、イニエスタとフェルナンド・トーレスがやってくるとの
ビッグニュースもありましたし、今年はスポーツの話題がつきません。

そしてとうとう、DAZNは世界最高峰のUEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの、独占放送権も取得してしまいました。
ここまで来ると、DAZNさえあれば、ほぼ全てのスポーツが網羅できてしまいますね・・

そのうち、スポーツを観るという事が、DAZNを契約するということと、イコールになるような時代が来ようとしているのかもしれません。

【writer:Staff - Syu 】
【検索タグ:スポーツ】

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/09/28(金) 09:00:00|
  2. Staff - Syu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おすすめチョコレート店~ショコラティエ ヤスヒロ・セノ 神戸~

今回は、最近知った美味しいチョコレート屋さんをご紹介いたします。





このお店は、三宮の駅周辺から徒歩10分くらい離れているお店です。

2015年にオープンしたお店で、前々からチョコが美味しいお店と聞いていたのですが、
微妙に距離があったので、今まで訪れることはありませんでした。

しかし、ここのところ頻繁におこる災害などを見ていたら、なんか気が滅入ってきたので
『美味しいもので癒されたい!』と思いいざ出陣?しました。

結果、リピート購買者です(^_^;)


image004_20180920143427c57.png


店内は小さなお店で、季節限定のジェラート、焼き菓子、パートドフリュイ、
そしてメインとなる自家製プラリネが並んでいます。

本来は量り売りしているようなのですが、夏の期間だけは品質保存の為に詰め合せだけを販売しているようです。 

お店のサイトを読むと、美味しいチョコを美味しい状態で提供することに力を注いでいるようで、賞味期間も1週間となっていました。


image005_20180920143540843.png


そして私が購入した品のご紹介です。

1回目はパートドフリュイと自家製プラリネ、
そして見た目がかわいいひよこ型チョコ(写真撮る前に食べちゃいました・・)を購入しました。

感想は一言 『 美味しい!! 』

一つ一つが丁寧に作られているので食べごたえがあり、満足感があります。

パートドフリュイはあんまり好きな方では無いのですが、試しに購入したところ、とても果実味を感じられ美味しかったです!


更に早々にリピートしてしまった2回目は、生チョコと自家製プラリネ詰め合わせ、そしてフィナンシェです。


image007_20180920143646091.png


まずは生チョコ!ラム酒の香りする濃厚な味わいです。大人チョコという感じです。


image008_201809201437102ec.png
(既にちょっと食べた後なので並びが汚くなっています・・・)


フィナンシェも普段よく食べるものと違い、バターがしつこくなく、深みのある甘さで味わいながらゆっくり食べたい一品です。


image009_2018092014375475e.jpg


今回までは詰め合わせしか購入していませんが、10月からは量り売りも再開されるようなので、
チョコの説明用紙とにらめっこしながら選んでみたいと思います。


【公式サイト】

Chocolatier Yasuhiro Seno Kobe
https://www.yasuhiroseno-kobe.com/

Chocolatier Yasuhiro Seno Kobe フェイスブック
https://www.facebook.com/chocolatieryasuhiroseno/?ref=page_internal


【writer:Staff - Parsley 】
【検索タグ:チョコレート】

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2018/09/21(金) 09:00:00|
  2. Parsley
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、日本で必要な教育

AIで将来仕事が無くなる・・・といった本を本屋の平積みで多く見かけるようになっています。

社会生活が何もかもインターネットでコントロールされ、一体未来はどうなるのか、
どうすればより良く生活出来るのかということはきっと誰もが気になっている事かと思います。

便利で安く色々なサービスを受けられるようになったのはいいのですが、
結局いつかは自分も便利で安いサービスを提供しなければならなくなるのです。

そしてそのサービスを管理できる者だけが安泰な生活を享受できるのだろう
という漠然とした不安が大きくなって来ているのだろうと思います。


AIvs教科書が読めない子供たち
(Amazonより)


最近はホリエモンから成毛真、GAFAやAmazonの解説本などを読んでいますが、
少し違った視点から将来を考えさせられる本、「AI vs.教科書が読めない子供たち」を読みましたのでご紹介します。

著者は新井紀子氏。国立情報学研究所教授、
人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」(東ロボ)プロジェクトディレクタ、
読解力診断の「リーディングスキルテスト(RST)」の開発を主導された方です。


私達の世代は、学校の勉強をしっかりやって試験の点数さえ取れば確実に上に行けるという確信がありました。

そのためにとにかく多くの事を暗記し、問題を解き続けました。

しかし今後は教科書の内容を理解することなく、記憶するだけの勉強ではAIに代替される人間になってしまうので、
15歳頃までにきっちりと読解力をつけることが今の日本の喫緊の問題というのがこの本の主旨です。


昔から新しい機械やシステムが開発され、それまでの仕事が不要になっても、常に新しく付随する業務が発生し、
産業革命で農民がホワイトカラーに変わったように、そこで人間は生活することが出来てきました。

しかしこれからの社会は少し質が違います。

過去の場合は機械で出来る仕事は限定されていたので、人間が新たな社会で新しい仕事を作って働くことが出来ました。

しかしこれからは大半の業務をAIが代替するので、さらに高度で人間でなければ出来ない業務がこなせなければ、
AIで仕事を失った勤労者は新たな労働市場に吸収されることはないと言います。

なぜなら勉強のシステムが昔のままで、日本人が新しい時代に合わせた感性や判断を行う教育を受けていないからです。


AIが進化して人間のように判断し、やがて人間の能力を追い越すシンギュラリティが2045年に起こると言われていますが、
著者の新井紀子氏は所詮AIといえども計算機なので、
数学の常識として人間の脳の感覚の機能までも数学的に公式で置き換えることは不可能で、
シンギュラリティは絶対に起こらないと述べておられます。

新しい技術として、機械学習やディープラーニング、物体検出システムなどが進化し、
現在氏の開発しておられる東ロボの偏差値は76.2まで上がりました。受験生で言えば上位20%です。

つまりAIに負ける80%の子供たちの労働市場はどうなるのかを本気で考えねばならないのです。
少なくとも頭を使う仕事や定型作業についてはAIに代替される可能性が高いのです。
既に銀行や製薬メーカーが業務効率化で大規模なリストラを発表しています。

「10~20年後になくなる仕事」といった記事をみかけることも多くなりましたが、
今の学生さんたちはどんな気持ちで就活しているかと思います。
AIは今後勤労者の大半の仕事を奪う可能性があるのです。


では機械が出来ないこと、苦手な事とは何かを考えると、東ロボが克服できない科目は、国語と英語だそうです。
AIは仕事の意味を理解しているわけではなく、入力に応じた計算を行い、答えを出力しているだけです。
足し算と掛け算に翻訳できない仕事は出来ません。
機械翻訳や画像認識は出来ても、グラフや図表の理解も出来ません。
つまりこの辺りに人間の活躍の余地が残されているのです。


このAIが出来ない仕事について、「10~20年後に残る仕事」のリストも見かけますが、
結局コミュニケーションの必要な仕事、理解力の必要な仕事、柔軟な判断力の必要な仕事が残っていくのです。

20180712234851.png


新井氏は今後の日本を担う学生の読解力についてRSTという読解力のテストを開発し、
大規模に行い詳細に分析したところ、中学生の基礎の読解力が低くすぎること、
中学生の半数は中学校の教科書が読めていない状況であること、15歳頃をピークにそれ以上は伸びないことが解ってきました。


よってこれからの教育は「1に読解、2に読解、3.4がなくて5に算数」、
そしてモノに頼らない遊びと社会性を身につけることが重要だということです。


御三家と言われる進学校の生徒たちは部活動などを高校2年までやっていても、その後の学習で難関校に合格しますが、
RSTの検査によれば、これは学校の教育によって合格出来るものではなく、
12歳の入試の段階で公立進学校の高校3年生程度の読解力のある生徒をふるいにかけているからだそうです。

つまりこの生徒たちは元から優秀で、教科書や問題集をしっかり読みさえすれば理解出来るので、
1年間も受験勉強をすればすぐ実力が付くのです。読解力をつけるのに、
どういう要素が必要なのかということを調査したところ、生活習慣、学習習慣、読書習慣には何の関係もみられず、
スマートフォンの使用、新聞の購読、ニュースをどんな媒体から知るか、性別も関係なし。

結局唯一マイナスの影響を与えていたのは「貧困」だけだったそうです。

読解力をつけるのには、多読ではなく、精読・深読にヒントがあるのではないかと言うことです。


これまでは偏差値の高い大学の人ほど能力があるということで詰め込みの勉強を行った人でも就職し、出世し、
生活していくことが出来ましたが、これからの社会は、どの教科書を読んでもその内容がはっきり理解できる子供に育て、
ITやAIでは代替できない自ら考えた新しい価値を生み出せる人材にすることが生き延びる唯一の道ということです。

非常に共感できる内容でした。

もう今から自分の歳では遅いのかもしれませんが、
せめて少しでも新しい時代の一部に食い込んで自分の仕事の形を残すべく情報を集め、
取捨選択できる技術と知識は身につけたいと思います。


【writer:Doctor - Y 】
【検索タグ:ブックレビュー】

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2018/09/14(金) 09:00:00|
  2. Doctor - Y
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大坂松下(蕎麦)

神戸の隠れ家的シャンパンバー「天使の泡」で、
グルメとして知られるマスターと雑談しているうちに、蕎麦・うどんの話題になった。

元々、関西はうどん文化の土地であり、美味しい蕎麦屋は余りない。

美味しい蕎麦で、まず有名になったのは芦屋の「土山人」ではないだろうか?


ただ、私のいう蕎麦・うどん屋というのは、そばの専門店ではなく、
昼食にふらっと寄って丼物なども食べられる店という定義なのだが、最近はめっきりと数が減ってしまった。

贔屓にしている大倉山の「銀杏庵」の店主に言わせると、コンビニの普及とともに、お店の数も客足も減ったという。


image001_20180907085300898.png


この話題が終盤になった時に、マスターが大阪に出る事があれば寄ってみたらといって、
名刺を渡された。そのような形で紹介されたのが「大阪松下」である。


image003_201809070853377aa.png


有名な高橋邦弘師の弟子にあたり、「翁 達磨一門」の店であるらしい。


image002_201809070854260a1.png


ざるそばを頂いたのだが、確かに美味しい蕎麦という事は出来るのだが、
余り蕎麦を食べ慣れていないので、私にとっては細かい判定は難しい。


image004_2018090708545004b.png


茶屋町にあり、梅田からガードに沿って歩けばすぐに分かるので、ご自分の舌で評価頂ければ有難い。


(写真や地図は、何れもお店のホームページより)


【writer:Doctor - H 】
【検索タグ:そば】

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

  1. 2018/09/07(金) 09:00:00|
  2. Doctor - H
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天然氷のかき氷~日光 四代目 徳次郎~

8月も終わりますが、連日の猛暑・外気温の高さにまだまだ驚いてしまい(-_-;)
外を歩くときは、できるだけ涼しいところを通ろうとする癖がついてしまいました(笑)

そんなある日移動中にそごう神戸店を歩いていると、ぱっと目をひく”期間限定”と書かれた店をみつけました。

横目にみて通りすぎようとしたものの足を止め、すぐにメニューを見て、何を注文しようか迷ってしまいました。

嗜好品の誘惑には、なかなか勝てませんね。

そのお店がこちら↓


image001_20180831090011ed4.jpg


日光 天然氷のかき氷 四代目徳次郎 です。

TV等で天然氷のかき氷がフワフワしているということは知っていたのですが、削りたてを実際に食べるのは初めてです。

天然氷のなかでも「四代目徳次郎」のものは、明治時代から4代にわたり引き継がれており、
日光山系の名水をつかい、伝統的製法で2週間以上の時間と手間ひまをかけて、
自然の寒さでゆっくりと凍らせる良質の天然氷だそうです。

そのため、一つの結晶が大きく薄く削っても解けにくく、口に含むとふんわりとした食感をたのしむことができるのだそうです。


image003_20180831090012226.jpg


今回は数種類あるメニューの中から、栃木県産 とちおとめ(苺)ソース(シロップ)を注文しました。

運ばれてきた氷を目の前にして、羽のようにフワフワに削られているにまずビックリです!

いち早く食べたいのと同時に、スプーンを入れて形を崩してしまうのがもったいないような気分にもなりますが、
一口口に運ぶとフワフワしている中にちゃんと氷感もありパクパクと食べれてしまいます!!

TV等で聞き半信半疑だった『キーンとこない』というのも、身をもって実感できました。

しかも苺のソースが甘すぎず、苺そのものの果肉感や酸味もちゃんと味わえます!

天然氷そのものの美味しさをいかせるように、
ソース(シロップ)も産地や材料を厳選しているのだろうなと思いながら、アッという間に完食していました。

まだまだ残暑も厳しそうなので、見た目にも体の中からも涼しくなれるかき氷はお勧めの1品です☆

神戸そごう本館地下1階 期間 9月11日迄(←変更の可能性あり)
http://hhinfo.jp/blog/kobenews/06/00669401/?catCode=161030&subCode=165006

日光 天然氷 四代目徳次郎についての詳細は下記をご参照下さい。
https://tokujiro-4th.com/


【writer:Staff - Angel 】
【検索タグ:かき氷】

テーマ:かき氷 - ジャンル:グルメ

  1. 2018/08/31(金) 09:00:00|
  2. Angel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4D映画体験しました

普通の映画は2D
専用メガネをかけて、飛び出てきたり奥行きのある立体映像を観るのは3D
そして先日よく知らないまま、4D映画なるものを観に行ってきました(*^_^*)

《4Dとは》
 2Dや3D映像を観ながら、さらに専用シートに座って臨場感を五感で味わえる体験型の上映技術システム。

あれっ、ということはもしかして、某テーマパークのアトラクションも4Dだったの?


image001_20180824092020544.png


まぁまぁ、細かいことは気にせずにっ。チケット買って、飲み物買って、いざ館内へ。

まず最初に、いつもの映画鑑賞と違ったのが、
入り口で係員さんに紙コップを手渡されたこと。「飲み物に被せて下さい」と。
あっ、こぼれないように蓋として使うのかな?
いやいや、私が訪れた映画館では、
座席シートのドリンクホルダーに対して、飲み物のプラカップが小さいそうで、
『被せる』のではなく、下から『重ねてください』という意味だったようです。
日本語って難しい。。。(^_^;)

そして、4D上映される部屋に向かうと、今度はコインロッカーが出現!
『手荷物は預けましょう』ということなのでしょうが、これには、
そんなに激しく動くのか~と、始まる前から緊張させられました。

ようやく席に着き座ると、さすが4D専用シート。
前の座席との幅が広く、シートは頭まですっぽり覆われるような大きさ。
シートベルトはありませんでしたが、身長や体の不自由な方等の利用制限があったりと、
これはもう、遊園地のアトラクションと一緒ですね。

ちなみに4Dには『4DX』と『MX4D』の2種類があり、それぞれ別の会社が運営しているのですが、
どちらでも体験できる主な特殊効果は、

《前後・左右・上下振動》場面にシンクロして座席が前後・左右・上下に揺れる
《バック・ボトムシェイカー》背もたれ・座部から振動等バイブレーションが起きる
《ミスト》水しぶきや霧が顔や体に降りかかる
    ※『4DX』のみ、座席の右肘掛けにあるスイッチでON/OFF切替え可
《香り》場面の中にいるかのように香りが周囲に漂う
《煙》霧や煙をリアルにイメージさせるスモークが発生
《風》そよ風から突風まで、場内全体に風が吹き渡る
《フラッシュ》強力な光が場内に瞬く
《フェイスエアー》顔に向かって風が吹く
《バック・レッグティックラー》 背もたれ・足元から何かが動いているようなバイブレーションが起きる

と、上映映画に合わせた体験ができるのです。
また他にも、4Dの種類によっては《バブル、雨、嵐、雪》等の特殊効果もあるようで。。。
忙しいったらありゃしないですね(^_-)-☆

特殊効果を体験するには、2Dや3Dの映画料金に4D追加料金が上乗せされますが、
“百聞は一見に如かず”。
4D体験できる映画館がお近くにあるようでしたら、
“芸術の秋”に向けて、是非一度、チャレンジしてみてくださいっ!


『4DX』
 ユナイテッドシネマ http://www.unitedcinemas.jp/4dx/
 コロナワールド http://www.4dx.korona.co.jp/
 109シネマズ https://109cinemas.net/4dx/
 他

『MX4D』
 TOHOシネマズ https://www.tohotheater.jp/service/mx4d/
 他


【writer:Staff - はんな 】
【検索タグ:映画鑑賞】

テーマ:映画館 - ジャンル:映画

  1. 2018/08/24(金) 09:00:00|
  2. はんな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

What's new?

Calendar

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive

Writer

Search

Link

Link

Counter

人気記事

ブログランキングに参加しています。