sanatio-staff blog

sanatio-staffによるプライベートblogです。 毎週金曜日更新です(不定期更新もあり)。

神戸味は…あっさり?~バトンドール~

だれもが一度は食べたことのある、グリコのポッキー。
その高級版として、5,6年前に大阪の百貨店に登場したお店『バトンドール』が、
今秋、神戸にもやってきました。

何やら限定味があると聞き、早速オープン当日に並んではみたものの、
お目当ての「神戸プレーン」は売り切れ。。。そりゃそうか!
店員さんに尋ねたところ、“15時頃完売”と仕事帰りの身には何とも厳しいご回答。

とはいえ、手ぶらでは帰れません!
定番の「ミルク」など数種類を“週末のお楽しみ”と、手に取りました。
どれも、一本一本が太く食べ応えがあり濃厚なお味で、コーヒーによく合います。
中でも「シュガーバター」が、いわゆる“ラスク”のようで美味しかったですね。

その後も近くを通るたびにお店を覗くのですが、限定味にはお目にかかれず。。。

そして、オープンから1か月半ほど経ったある日、
ようやく「神戸プレーン」に出逢うことができました。

※店員さんのお話では、、、
日によってまちまちだが15時~17時に売り切れることが多いそう。
この日は18時頃だったのでラッキー!!
夕方過ぎから雨の予報で、みんな足早に帰宅してたからかなぁ。


image001_201812061433196eb.png


パッケージは、『みなと町 神戸』をイメージしたマリンスタイルのボーダー柄。

そして、“何故プレーン味なのか”気になるところですが、
・バトンドールのプレッツェルは、神戸工場『グリコピア神戸』で生産されている
・神戸の人はスタンダードなものを好む傾向がある
・シンプルで上品、なおかつ飽きがこないもの
等の理由から、プレーンで勝負することになったそうです。

シンプル・イズ・ベスト!!

その名の通り、
濃厚な澄ましバターに小麦粉の甘い風味、そこへアクセントの塩。
外はパリッ、中はサクサクの食感で、とっても贅沢な気分になれます。

味によって異なりますが、
「神戸プレーン」や「シュガーバター」は、6本入りの小袋が6つ入っていますので、
みんなで分け合って、色んなフレーバーを楽しむのもいいですね。


バトンドール  https://www.glico.co.jp/batondor/


【writer:Staff - はんな 】
【検索タグ:お菓子】

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2018/12/07(金) 09:00:00|
  2. はんな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気になるお店に行ってきた~ストロベリーマニア~

新しいお店に行くきっかけって何ですか?

テレビや雑誌の情報だったり、偶然前を通りかかったり…いろいろあると思います。

私はというと、友人の誘いか、Twitterの情報が多いです。

ということで、Twitterで見て「これは行ってみたい!」と思ったお店に、友人を誘って行ってきました。


unnamed (2)


心斎橋にある「ストロベリーマニア」です。





その名の通り、いちごスイーツ専門店です。


unnamed.jpg


もちろんメニューもいちごづくし!


unnamed (4)


私が頼んだのは「赤い苺のエクレア プレート」(とカフェオレ)

いちごとチョコの組み合わせが好きなので、とっても美味しかったです(*´ω`*)

隣の生いちごは、付属の練乳を掛けたり、ミルクを入れていちごミルクにして食べるそうです。

(私はそのまま食べましたけど)


unnamed (1)


友達のも合わせて撮ったやつです☆これがいわゆる映えでしょうか☆


unnamed (3)


個人的に天井のライトがいちごだったのが良かったです(*´ω`*)

テイクアウトもイートインもできますので、お好きな方でぜひ行ってみてください~!


食べログ: https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27105578/


【writer:Staff - hina 】
【検索タグ:スイーツ】

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2018/11/30(金) 09:00:00|
  2. hina
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

All or Nothing : Manchester City 編を観終えました

たびたびのビデオ・オン・デマンドのネタで恐縮なのですが、
この秋にアマゾンプライムで公開され、サッカー関連のブログで話題になっていた、
All or Nothing : Manchester City 編を観終えました。

キャプチャ
○Amazon公式サイトより
https://www.amazon.com/dp/B07FS1KVYV

マンチェスター・シティに1年間密着取材、
合計6時間近くにわたる、かなり長いドキュメンタリーなのですが、とても内容も充実しており、
あっという間に観終わってしまいました。

2017~2018年のイングランドプレミアリーグを、マンチェスター・シティーが圧倒的な強さで優勝
したことは知ってはいましたが、
様々な選手がケガで長期離脱した時にどのようなリハビリを理学療法士のスタッフから受けているかや、
選手が移籍する際の裏での駆け引き事情、
大事な試合の前半で、選手がレッドカードを受けて退場になってしまった時、監督はどのように
チームを立て直そうとするのか等、今まで見ることができなかったチームの裏側を観ることが出来て、
とても新鮮でした。

また、華やかな世界を支えるために、洗濯専門のスタッフの方や、スパイク管理専門のスタッフの方、
食事の栄養管理を考えるスタッフの方がいるなど、
普段のテレビではまずお目にかかることの出来ない様々なプロの方が取り上げられるのは、
やはり、ネット配信という環境であるからこそだなと感じます。

スポーツドキュメンタリーが好きな方には、一見の価値ありです!!

今季のプレミアリーグでは、様々な国のリーグで実績を残した監督が集結し、
バルセロナでの優勝経験のある、マンチェスター・シティのグアルディオラ監督を筆頭に、



ドイツ ブンデスリーガにて、ドルトムントの黄金時代を築いたリバプールのクロップ監督、



強豪、マンチェスター・ユナイテッドの復興が期待されているモウリーニョ監督、



など、名将といわれる監督が多数集まっています。

今年は、上位チームの力が拮抗しており、果たして、どのチームが優勝するのか予想が全くつきません。

マンチェスター・シティーが連覇するのか、それとも勝ち点差2で追うリバプールが初優勝するのかが、
特に気になります!!

【writer:Staff - Syu 】
【検索タグ:スポーツ】


テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/11/16(金) 09:00:00|
  2. Staff - Syu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワクチン不足についてのつぶやき。。。

サナシオはクリニックも併設しているのですが、このところ謝ってばかりいます。

それはワクチン不足が原因です!!

image001_20181106111601098.jpg


インフルエンザワクチンも足りません!

B型肝炎ワクチンも足りません!!

風疹ワクチンも足りません!!!

狂犬病ワクチンも足りません!!!!

(T_T) (T_T) (T_T) (T_T)


こんなに多種のワクチンが不足する現象も珍しいことです。

理由は、急激な需要増加天災によるもの等様々です。


この状況は、妊娠予定の女性や家族にとっては不安でたまらないと思います。

保育所や病院実習予定の学生さんなども、接種証明がなければ実習が受けられないなどの問題も生じています。

image002_2018110611160233f.jpg


実情がわかりますので、どうにかして準備したいのですが・・・

ワクチンがありません。

おそらく薬品メーカーも頑張って生産していると思いますが、思わず愚痴とため息がでます。


自己防御だけでは十分に防ぎきれない所もありますが、
それでも人混みを避けたり、頻繁に手洗いを行うなど可能な限りの対応をおすすめ致します。

image003_20181106111604ee2.jpg

本当に必要な方に、早くワクチンが行き渡るように願うばかりです。


【writer:Staff - Parsley 】
【検索タグ:予防接種】

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/11/09(金) 09:00:00|
  2. Parsley
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斎場御嶽に行ってきました

先日沖縄に行ってきました。

いつも沖縄に行くと海でばかり時間を過ごしておりましたが、
今回はこれまで行ったことのなかった場所を観光しようと思い立ち、向かったのが「斎場御嶽(セーファーウタキ)」。


973afa9210a7e70e3e1444b946b35fbf_s.jpg
(写真ACより)


沖縄南部の南城市の東の端にある沖縄最高の聖地で、
琉球の創世神アマミキヨが造った七御嶽の中で筆頭の場所です。

沖縄の緩やかな自然崇拝や祖先崇拝に興味があり、以前から一度行ってみたいと思いつつ
いつも限られた時間の中での沖縄訪問のため、先送りになっていましたが、やっと行くことが出来ました。


沖縄の神話によると、神は東の神の国「ニライカナイ」からやって来て、
アマミキヨ・シルミキヨを沖縄に放ち、それが琉球人の祖先になったと言われております。

沖縄本島でそのニライカナイに最も近い場所が、この斎場御嶽です。


ちょうど台風が行った後の快晴の日で、順路に沿って石畳を敷き詰めた参道を歩くと、
うっそうとした森の中に幾つもの神域(イビというそうです)が散在し、
最後に大きな岩が造るきれいな直角三角形の光の空間が出来ていました。


7b02281e38f5ac27cf7745759e6dbdda_s.jpg
(写真ACより)


何だか自然の大聖堂という雰囲気です。

この穴をくぐると小さな広場になっており(三庫理 さんぐーい)、その昔、
最高の神女である聞得大君(きこえおおきみ)はここで、正面に久高島を見ながら神と対峙し神の声を聞いたのです。

この穴をくぐることは生まれなおすことを意味し、生きながら最も神に近づく行為だったのだと思います。


久高島も海の彼方の神の国ニライカナイに最も近い神聖な神の島とされております。





ちょうど午前中で太陽が久高島の上から輝き、
目の前に広がる水平線と合わさって沖縄らしい静かな実に美しい景色でした。

このような景色を見ていると、不思議な神の力というようなものを感じて、
昔の人が神聖化するのも理解出来ます。


沖縄では女性を神聖なものとし、兄弟を守る力があるとされてきたそうです。

そして沖縄に幾つも存在する御嶽を守る「ノロ」という女性神官と
その頂点に立つ王の親族の女性が聞得大君(きこえおおきみ)」として、
この斎場御嶽で神の声を聞き、琉球王国の祭り事を執り行なってきたそうです。


パンフレットには「聖地のパワーを感じる・・・」とありましたが、
残念ながら穏やかで心地良い風を感じただけで、みるみる体に力が入って来るような気はしませんでした。

それでもまた一つ沖縄の心に触れることが出来たように思います。


その昔からヤマトとの関係の中で、
薩摩藩の支配、琉球処分、皇民教育、沖縄戦、基地問題と多くの試練を否応なく味わうことになつた沖縄。

聖地の中に大きな米軍の艦砲射撃で空いた穴が池になって残っていました。

最近の沖縄ブームで、癒しの島としてすっかり観光化されて来ましたが、
その重い試練については、何も知らない沖縄通が増えていることに複雑な思いを持つ沖縄の人も多いと聞いています。


このような素晴らしい自然と文化を持つ沖縄が政治的な思惑に影響されず、
より良い生活環境を整えられ、世界に誇れる日本の情景の一つとして残されていく事を願わずにはおれません。


【writer:Doctor - Y 】
【検索タグ:沖縄】

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/11/02(金) 09:00:00|
  2. Doctor - Y
  3. | コメント:0

船を一緒に買いませんか?

お盆休みに、資産家で古くからの友人と食事をしていると、「一緒にクルーザーを買いませんか?」と尋ねられた。
彼はデンマーク製の35フィートのヨットを所有しているのだが、やっぱり操船が楽なクルーザーも欲しくなったようだ。

image001_2018102610113172c.png


「良いですよ。ただ大金は出せませんが、」と答えると、彼は嬉しそうに、「買いましょう」と答えた。

そういえば、随分、昔、今の2級船舶免許が4級船舶免許といわれている頃に、友人2人と3人で、
9馬力のエンジン付きのゴムボート(4人乗り)を購入したことがあった。

バブルの頃なので高かったのかも知れないが、1人20~30万の割り当てであったように記憶している。
ゴムボートにしたのは、係留費を払わないためで、使わない時は、仲間の家の広いガレージに置かせてもらっていた。

夏には、沖縄の慶良間諸島に貨物輸送し、ペンションで組み立て、美しい海で走らせて、夏を満喫する事が出来た。

image002_2018102610113308f.png

ゴムボートは、綺麗な空に浮かんだ風船のような感じであり、「ルフト・シッフ」(ドイツ語で飛行船の意)と名付けられていた。
飲み屋さんで「ルフト・シッフ」というボートを持っていると、自慢していたが、最後にはゴムボートである事がバレてしまうのが常であった。

「やっぱり、遊びに使うなら、クルーザーよりは甲板の広い漁船が良いなあ」とか考えながら、
船の償却が早いのを利用した節税プランを考えていると、その友人からバンバン携帯に連絡が来るようになった。

「いいボートを見つけました。一緒に見にゆきませんか?」

「オイオイ、ちょっと待ってよ、休みも取れないし」と返事をすると、彼はW県に係留している船をもう見にいって、
買う気持ちになってしまった。

image003_20181026101134404.png

写真を見ると、確かに豪華で美しい。急過ぎて、高過ぎて、購入に参加は出来ないが、乗船はお願いできるそうだ。


【writer:Doctor - H 】
【検索タグ:マリンスポーツ】

  1. 2018/10/26(金) 09:00:00|
  2. Doctor - H
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優雅になれる?!ランチ~神戸旧居留地 オリエンタルホテル~

居留地にあるオリエンタルホテルのメインダイニングのランチへ初めて行ったのは、1年程前です。

きっかけは、一足早くこちらのランチに行った友人の
『居留地のオリエンタルホテルのランチに行たことある?ない?!行こう!!絶対好きなはず♪』
というお誘いでした。

それ以降、お店を出る頃には
「次はいつ来れるかなぁ」
が合言葉のように出てしまうお気に入りの場所になっています。

メインダイニング(バイ・ザ・ハウス・オブ・パシフィック)は
ホテルの最上階にあり神戸の風景をたっぷりと堪能できます。

今まで無謀にも予約をせずに行っているのですが、
運良くオープンキッチンが見える席・テラス席・カフェ席と空いている席に案内してもらえています。

料理が美味しいのはもちろん、
それぞれの席で雰囲気が少しずつ異なるところもリピートして行きたくなる要因かもしれません(笑)


image001_20181018164553746.png

(↑公式HPよりオープンキッチンが見える席です。)


メニューは数種類あるのですが、
前菜・パスタかメインを一種、デザートを一皿、これにパンと飲み物(コーヒーOR紅茶)がつくコースにしました。

食材が月替わりのようで前菜のサラダから旬の味覚が味わえます!


image002_20181018164554872.jpg
前菜(サラダ):プリマ産生ハム、柿・金美人参

しゃきしゃきの新鮮な旬野菜、生ハム等ひとつずつで美味しいのはもちろん各々マッチするところにビックリです。


image003_20181018164555260.jpg
パスタ:秋刀魚、茸、大葉

これぞ秋のパスタ!塩味も抜群です。


image004_2018101816455784d.jpg
デザート:バスク風チーズケーキ

数種類あるデザートからセレクトできるのですが、
友人か私かどちらか1つは必ずチーズケーキにしてシェアしてでも食べたくなるお勧めの1品です

街中にいながら、居心地も雰囲気もよく美味しいランチを楽しめて優雅な気分になれる場所へ、
冬のメニューも頂きにいけると良いなと思います☆

https://www.orientalhotel.jp/restaurant/maindining/
※オリエンタルホテル公式HP内に
メインダイニング(バイ・ザ・ハウス・オブ・パシフィック)の雰囲気が見れる
『 360°ビューを見る 』が掲載されていますので是非ご参照下さい。


【writer:Staff - Angel 】
【検索タグ:ホテルランチ】

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

  1. 2018/10/19(金) 09:00:00|
  2. Angel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話題のワインみ~つけた

ロシアでワールドカップが開催された今年の夏、
世界的に有名なサッカー選手のJリーグ移籍には、誰もが驚きましたよね。

せっかく日本にいるんですからサポーターでなくとも、“一度くらい観戦したいなぁ”
なんて思ったりしませんか?でもきっと、チケット取り辛いんでしょうね。

ところで、その世界的な選手は、ネットニュースによると、
サッカーだけでなく、故郷でワイナリーを経営しているのだとか。
気になるワイナリーの名は、「Bodega Iniesta(ボデガ・イニエスタ)」。
スペインの凄く有名な選手の名前が入っていますね。

そして今回私は、偶然通りかかったお店でそのワインを見掛けたのです。
ちょうど友人宅でのホームパティー?宅飲み?の手土産を探していたこともあり、
ワインに詳しくないにもかかわらず、
・サッカー選手と分かるラベル
・当日の料理は手巻き寿司
という理由で、
Minutos 116 Blanco(ミヌートス116ブランコ)《写真右から2本目》を
“お手頃価格だし、話のネタにみんなで飲もう”と、即購入しました。

あとでホームページを見ると、
ロゼワイン《写真右から3本目》も造られているようでしたが、
お店では見掛けなかったなあ。


image001_20181012093358364.png


【Corazon Loco Selection(コラソン・ロコセレクション)】《写真左から1本目》
 プレミアムクラスのフルボディ赤ワイン。肉などのしっかりした味の料理と良い相性。

【Corazon Loco Tinto(コラソン・ロコティント)】《写真左から2本目》
 ミディアムボディ赤ワイン。チェリーなどのアロマから果実を感じる親しみやすい味。

【Corazon Loco Blanco(コラソン・ロコブランコ)】《写真左から3本目》
 辛口白ワイン。グレープフルーツなどの香りで、トロピカルな優しい口当たり。

【Minutos 116 Tinto(ミヌートス116ティント)】《写真右から1本目》
 ミディアムボディ赤ワイン。フルーツバスケットのような香りの軽やかな口当たり。
2010年W杯決勝戦の「116分」に自身が決めた決勝ゴールの記念ワイン。

【Minutos 116 Blanco(ミヌートス116ブランコ)】《写真右から2本目》
 辛口白ワイン。フレッシュなリンゴや洋梨の香りで、さわやかな味わい。
 2010年W杯決勝戦の「116分」に自身が決めた決勝ゴールの記念ワイン。

さて、実際のお味の感想はと言うと、
白ワインなので前日から自宅の冷蔵庫で冷やし、準備万端で持参したはずが、
まだ残暑厳しい9月だったこともあり、友人宅へ到着する頃には、
常温とまではいきませんが、美味しく飲める温度じゃなくなっていました。
結局その日は、豪華な料理とお喋りでお腹いっぱいになり、ワインはお預け。
という、よくある話になってしまいました。残念。

もちろん、友人には気にせず全然飲んでもらってていいんですけど、
心のどこかに淡い期待を残しつつ、
いや、潔くまた見つけた時のお楽しみということにしておきます。
\(゜ロ\)(/ロ゜)/


公式ホームページ(スペイン語) http://www.bodegainiesta.es/
日本リカー(株)特集ページ http://www.nlwine.com/winery/iniesta/


【writer:Staff - はんな 】
【検索タグ:ワイン】

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2018/10/12(金) 09:00:00|
  2. はんな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

What's new?

Calendar

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive

Writer

Search

Link

Link

Counter

人気記事

ブログランキングに参加しています。