sanatio-staff blog

sanatio-staffによるプライベートblogです。 毎週金曜日更新です(不定期更新もあり)。

「テンペスト」の周辺の沖縄の歴史①

先日久しぶりに沖縄に行ってきました。

弊社に沖縄の仕事の依頼があり、
これをつなげば北海道から沖縄の全国縦断のラインが完成するということで、
先方の企業の調査、候補の産業医のドクターとの面談などの準備もあり、
意気込んで沖縄のことをいろいろ調べてみました。


81VQHzRbwCL.jpg
(画像はAmazonより)


そしてネットでたまたま沖縄を舞台にした歴史物語「テンペスト」(池上永一著)を見つけたのですが、
これがまた面白く、ネットでBSドラマを一気に全話見てしまい、
魅力的な登場人物と約180~150年前の沖縄の歴史の世界に引き込まれました。

主役の仲間由紀恵も良かったのですが、
特に高岡早紀の巫女とGACKTの宦官がピッタリはまっていたと思います。

沖縄の歴史については、
「戦争で大勢亡くなり、アメリカに占領され、昭和40何年かに返還されたのに、いまだに基地問題で揺れている・・・」
程度のことしか大半の本土の人は知らないと思います。

しかしその昔、本土と同じような戦乱と安定の時期が約450年あり、
確固とした一つの独立国として政権が存在し、政府の機能を維持していたのです。

独自の文化を持ち、実に魅力的な世界が広がっていたのです。

それが徳川政権下の薩摩藩に1609年以降干渉を受け続け、
次いで明治政府に1879年国家としての機能を消滅させられ、
最後に太平洋戦争において、1945年3月26日から6月23日の沖縄戦に於いて米軍の艦砲射撃で全てが崩壊し、
アメリカに占領され、1972年5月15日に日本に返還されました。

この過去の数々の災難と現在の辺野古の基地問題で揺れる沖縄を重ねてみると、
その根っこは沖縄の存在する位置そのものに原因があり、地政学的に災難は避けられない宿命のようです。

ヨーロッパなどの歴史を見ても、
大国の周辺にあるベルギーやポーランド、チェコスロバキアなどの弱い国は蹂躙され、
スイスやバチカンなど、小さくても残っている国は、それなりの力やしたたかさがあることは歴史を見れば明らかです。

ということで、今回は「古琉球」と言われる戦国時代までの歴史をダイジェストで御紹介したいと思います。


十二世紀頃までは沖縄は狩猟採取の時代で、特に大きな政権はなかったようです。

それが米や麦の栽培が始まり、各地に「按司」というリーダーが生まれ、
「グスク」という城塞を築き、力を競う戦国の世になっていきました。

やがて次第に権力は三つに収束し、
北部の今帰仁グスクを拠点にした「北山」、浦添グスクを拠点にした「中山」、
島添大里グスク・南山グスクを拠点とした「南山」にまとまっていきました。

この時代を三山時代といいます。

そして特筆すべきことは、この三山の勢力とは別に
南部の浮島(今の那覇)は十四世紀中頃より日中貿易を行う商人達が港に立ち寄るようになり、
次第に港湾都市として栄えるようになっていきました。

外来の人達が居留地を作って住むようになり、
特に1392年に後述する朝貢の返礼として洪武帝より下賜された職能集団が久米村に定住し(久米三十六姓)、
三山から離れた中立の立場で琉球国の外交や貿易を支えたのでした。

当時世界の超大国明朝は周辺の国々に主従関係を結ばせ、
その証として貢物に対してその何倍も価値のある宝物を返礼として与えていました。

三山の王はそれぞれ自分の正当性を主張するため朝貢を試み、
1372年中山王の察度(さっと)が初めて成功しました。

続いて北山、南山も朝貢に成功し、明朝とのゆるやかな主従関係が始まったのです。

ここまでが本土の戦国時代と同じ状態で、
大和と違うのは中心になる「天皇」にあたる確固たる権威が無かったことです。

それで明朝に頼ったのかと思われます。

そしてこの中から本土と同じように権力を一手に狙うものが現われるのは歴史の必然で、
智力・武力を備えた能力のあるものが、他の勢力を駆逐し王朝を打ち立てるのです。

第一尚氏王朝の始まりです。

この続きは次回へ。


【writer:Doctor - Y 】
【検索タグ:沖縄】

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016/11/11(金) 09:00:00|
  2. Doctor - Y
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロウリーズ大阪の攻略方法? | ホーム | スバルに驚いた!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanatiostuff.blog.fc2.com/tb.php/309-5d36c086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's new?

Calendar

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive

Writer

Search

Link

Link

Counter

人気記事

ブログランキングに参加しています。