sanatio-staff blog

sanatio-staffによるプライベートblogです。 毎週金曜日更新です(不定期更新もあり)。

沖縄県 古宇利島(こうりじま)のティーヌ浜へ!

少し前(春休みの始まる頃)になりますが、
沖縄で挙式する友人から参列の招待があり、人生で2度目の沖縄に行ってきました。

前回(とは言っても10数年前になりますが、、)訪れた時は、
運悪く台風の直撃にあい、青い海をそれほど見ることも出来ず、すさまじい雨・風に驚き、
旅行期間の短縮・帰りの飛行機のチケット取り直しに奮闘した、というある意味貴重な体験をした旅でした (-_-;)

ですが、今回はお天気にも恵まれ、前回とは全く違う沖縄を楽しむことが出来たので、
イメージが180度変わったかも(?!)しれません。


今回の旅のメイン(友人の挙式)は沖縄県の北部に位置する本部町(もとぶちょう)でしたので
空港近くの那覇市(首里城や国際通り)ももちろん観光しましたが、北部で過ごす時間をより多くとり、
美ら海水族館・備瀬のフクギ並木、そして古宇利島(ティーヌ浜のハートロック)へと行きました。

今回ご紹介する古宇利島のティーヌ浜にあるハートロックの存在を知ったのは、数年前のJALの「先得」のCMです。

次に沖縄に行く機会があれば見にいけたらいいな、と思っていた場所でもあるので、
実際に目にした時には、『ハートやわ!!!』と自然と声に出てしまいました(笑)

そんな古宇利島は、2005年に屋我地島との間に古宇利大橋が開通して車で行ける離島になったそうで、
沖縄版のアダムとイブのような言い伝えが残っていて、古くから恋の島・神の島であるという伝承があるそうです。





実際に本部町から車を走らせ、屋我地島を経由すると、1本の橋と青い海で囲まれた古宇利島が見えてきます。


image003_20180522141131107.png


沖縄に到着後、北部の方への移動中にも青い海は見ていたのですが
まるで初めて青い海をみるかのようにテンションが上がります。

橋を渡り終え、古宇利島に入り数分車を走らせるとティーヌ浜に到着です。

駐車場に車を停め少し足場の悪い道を歩いていくと念願のハートロックが見えてきます。


image005_20180522141132762.jpg


2つの岩が並んでいて1つは単体でハートの形をしているのですが、
見る角度(位置)によってふたつの岩が重なってひとつのハートロックとして見ることができます。

また、ふたつの岩の間に逆さの形をしたハート型の空間を見ることも出来るのです!


image009_20180522141134776.jpg image007_20180522141133dca.jpg


長い年月をかけ波の浸食により出来たハートロックを前に、自然の力ってすごいなぁと改めて感じました。

こちらの古宇利島、夜は星空もとてもきれいに見えるそうです。
さすが、恋の島・神の島ですね☆


image013_20180522141137511.jpg


旅行となると行きたいところを詰め込みがちになるのですが、次(3度目)に沖縄へ来るときは、
今までになかった、ゆっくり・のんびり、ぼーっと海を眺めて過ごすような旅にしてみたいな、と思います。


image011_20180522141136942.jpg


古宇利島について詳細は、下記をご参照下さい。
http://kourijima.info/


【writer:Staff - Angel 】
【検索タグ:沖縄】

テーマ:沖縄旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/05/25(金) 09:00:00|
  2. Angel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神戸港 最後の商業船、進水式(川崎重工) | ホーム | これは使える!阪急阪神回数券のお得なサービス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanatiostuff.blog.fc2.com/tb.php/384-63a74b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's new?

Calendar

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archive

Writer

Search

Link

Link

Counter

人気記事

ブログランキングに参加しています。