sanatio-staff blog

sanatio-staffによるプライベートblogです。 毎週金曜日更新です(不定期更新もあり)。

頭上にいっぱい ~金魚ちょうちん~

夏ですから当然なのですが。。。まだまだ毎日暑いですね。汗
皆さんはどのように涼をとっていますか。

“提灯?変わった形だなぁ”

先日、初めて見る光景についつい写真を撮っていた私。
よく見ると、金魚の形をしているではありませんか。
しかも相当数の金魚がそこかしこで宙を舞っています。
一体これは??

imagehirukinngyo.png


これは、江戸時代末期、
山口の染物屋さんが青森へ行商にいった際持ち帰った金魚の灯籠を元に、
青森のねぶたを参考にして作られた、山口県柳井市の『金魚ちょうちん』という民芸品なのだそうです。
なんとも涼しげですね。
ちなみに、屋外に飾りつけられた『金魚ちょうちん』は、夜になると明かりが灯っていました。

imageyorukinngyo.png


これらはすべて神戸市内の某百貨店のイベントで撮ったものですが、
地元の柳井市では当時の白壁の町並み(倉敷美観地区のような感じかな)
が残っているとのことで、さぞかし幻想的な雰囲気になっているのでしょうね。

参考までに、
今年は残念ながらすでに終了していますが、柳井市では平成4年から、
お盆等で帰省された方々をふるさとの民芸品でお迎えするという趣旨で、
『柳井金魚ちょうちん祭り』が毎年8月13日に開催されているそうですよ。
いつか訪れて見たい観光地に仲間入り決定ですね。





山口県柳井市HP(柳井金魚ちょうちん祭り)
     https://www.city-yanai.jp/site/kanko/kingyomatsuri-enkaku.html



【writer:Staff - はんな】
【検索タグ:】まつり


テーマ:地域文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019/08/23(金) 09:00:00|
  2. はんな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高槻市のカレー名店

JR「高槻駅」から徒歩5分ほどの場所に、
お昼時と夕方には行列の絶えないカレー屋さんがあります。

○ヴァスコ・ダ・ガマ 本店

IMG_1283.jpg




通常メニューのカレーも、クミン等のスパイスがよく効いていて美味しいのですが、
ここの名物は月替りカレーです。

毎月、違う味が楽しめるので本当に飽きません。

テイクアウトもお願いすれば可能です!



最近ではJR「高槻駅」と阪急「高槻市駅」の間に2号店(北園町店)もでき、
こちらでも店舗オリジナルカレー(バターチキンカレー)や、本店とは違う独自の月替りカレーがあり、
目が離せません。

○ヴァスコ・ダ・ガマ 北園町店

IMG_1979.jpg

IMG_2999.jpg




高槻市に来られる機会のある方には、ぜひ、食べて頂きたい名店です。

【writer:Staff - Syu 】
【検索タグ:カレー】


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

  1. 2019/08/16(金) 09:00:00|
  2. Staff - Syu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何かと話題の間借りカレー

間借りカレーをご存知でしょうか。

メインが夜営業の飲食店やバーなどにて、昼間だけ別の方が「間借り」して提供する
カレー屋さんが、間借りカレーです。

今回、たまたま入ったカレー屋さんが、そんな間借りカレーでした。

○スパイスカリー ホリック

IMG_3019.jpg

IMG_3018.jpg




味はもちろん美味しかったのですが、ここまでカラフルで可愛らしいカレーは初めて見た気がします。

味付け卵のみトッピングしたのですが、これが良い味をしていたので、行かれる際にはぜひ合わせて注文してほしいです!!

【writer:Staff - Syu 】
【検索タグ:カレー】

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

  1. 2019/08/09(金) 09:00:00|
  2. Staff - Syu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーヒーローストワンズ

元町商店街を歩いているとどこからともなく焙煎の良い香りがする箇所があります。

香りにつられてちょっと横道に入るとそこにはコーヒー豆を販売しているお店がありました。
お店の案内を見るとお好みの焙煎に焼き上げますとあり、更にコーヒー1杯サービスとあります (*^_^*)

image001_201907311524082d0.png


コーヒー豆が何種類かあるようなのでまずはコーヒー豆の説明があるパンフレットで
じっくり吟味することにしました。

image003_20190731153007295.jpg


私の好みとしては酸味が少なくて、ちょっと甘みを感じられるものが好みなので
『ガテマラピーベリ-』に決めました。
焙煎についてアドバイスを受けながら豆を注文し、サービスのコーヒーを入れて頂きました。

このコーヒーがまた美味しい!!

またコーヒーにナッツも添えてあってこれがコーヒーと良く合うのです!!
コーヒーといえばチョコと思っていた私の概念が崩れました(ちょっと大げさ?)

しかもサービスのコーヒーは私が注文しようか迷っていた『ブラジルショコラ』でした。
説明文に『後味がショコラのような心地良い甘味と苦味がチョコの風味』とあり、
とても迷っていた豆です。

image005_201907311532037df.jpg


もちろん次回に購入しました。

お昼間は混んでいて購入に時間を要したり、店内も一杯状態になりますが
午前中か遅めの夕方は空いています。
また、マスターの手が空いていたらコーヒーの美味しい入れ方などのレクチャーが聞けますよ♪

お薦めです!!

コーヒーローストワンズ https://coffeeroast.net/


【writer:Staff - Parsley 】
【検索タグ:コーヒー】

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2019/08/02(金) 09:00:00|
  2. Parsley
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボサノヴァの神

2019年7月6日ジョアン ジルベルトがなくなりました。88歳ということでした。
ブラジルの歌手でギタリスト・作曲家、彼こそがボサノヴァという音楽のスタイルを
確立した人でした。

image001-1.png

ボサノヴァとは、ブラジルのサンバにジャズやポピュラーミュージックのテイストが加わって
1957年頃にリオデジャネイロで作られた新しい音楽だといわれています。
私が初めてボサノヴァという言葉を意識したのは確か高校生の頃、ジョアン ジルベルトの
元の奥さんで歌手のアストラット ジルベルトの日本公演のラジオCMだったと思います。
なんかカッコいい音楽・・くらいでその時は忘れていたのですが、大学生になってある時
ジャズ好きの友人が 「Getz/Gilberto」を貸してくれました。
いわずと知れた1963年のボサノヴァの名盤ですが、このレコードに針を落として
1曲目「イパネマの娘」を聞いた時の衝撃は今でも覚えています。
一気に昔のラジオCMが蘇りました。
クールで美しく、なんともおしゃれな曲に舌足らずのような色っぽいボーカル。
当時二十歳そこそこで背伸びしたかった自分の気分とぴったり合い、一気に大人の世界に
引き込まれるような気がしました。それ以降一体何度聴いたことかわかりません。
それから多くのボサノヴァのCDを買い集めて今に至っています。
今でもほぼ毎日と言っていいくらい聴いています。
 
社会人になって10年ほど経った頃、たまたま仕事の関係で一人の若いソムリエと知り合いました。
その後有名になるワインバー草分けの「Jacque Mayor」オーナー 橘真氏です。
彼がボサノヴァ好きで、自分の店でボサノヴァを流していました。
ハンター坂の脇の地下の店でワインとボサノヴァを味わいつつ、橘氏と哲学会話を楽しむという
スタイルで大人気となり、彼の店は神戸の伝説のワインバーと言われるようになりました。
今は亡き橘氏と「Jacque Mayor」も私の若かりし頃の大きな思い出です。

image003_2019072213163482c.png


2004年にはジョアン ジルベルトが来日し、何とかフェスティバルホールのチケットをとって
行ってきました。このコンサートも彼の希望で空調を止めたり、開演が大幅に遅れたり、
コンサートの途中で有名な「空白の時間」が入ったりと伝説になっていますが、
これらを体験できたことは実に幸運でした。
 
その後自分でも何とか少しでもこのボサノヴァの世界に近づきたいと、
かなり熱心にギター教本やビデオを買ってきて練習し、最近では少し曲らしくなってきたかと
思えるようになってきました。
 
日本ではその後カフェブームになり、たぶん私と同じようなイメージで多くの若者が
ボサノヴァを聴いていたのではないかと思いますが、
「音楽の本質を分かっていない人間が恰好だけで聞く音楽・・・」とか
「本国ブラジルでももう若い人は聴かない昔の音楽・・」などと言われているようです。
しかし単調なリズムなのに歯切れがよく、印象的で何かコパカバーナ海岸に
いるような気分(行ったことはないけど)を感じさせる美しい音楽は私の大好きなジャンルです。
このような素晴らしい音楽を作り上げてくれたジョアン ジルベルトの冥福を祈ります。

【writer:Doctor - Y 】
【検索タグ:ボサノヴァ】


テーマ:本・音楽・映画・劇他・・ - ジャンル:ブログ

  1. 2019/07/26(金) 09:00:00|
  2. Doctor - Y
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有名ジャズシンガーも来訪する三宮の中華料理店(丸萬)

神戸三宮のセンター街の一本南の筋に「丸萬」という中華料理店がある。
サラリーマンが昼食に訪れる庶民的な店である。

image001_20190710161846500.png

ある日、昼食に何時ものように「焼きそば」を注文し、神戸新聞(神戸の地方紙)を読みながら、
焼きそばを食べていると、突然、隣に小柄な女性が腰を下ろした。
その前には、連れの背広を着た男性が座った。

image003_20190710162647b39.png

その女性は、ハスキーボイスで中華そばを二つ注文したが、そのハスキーボイスを聞いて、
大阪出身のジャズシンガーではないかと思った。しかし余りに隣過ぎて顔を見る事は出来ない。

中華ソバが隣のテーブルに並ぶと、その女性はハスキーボイスで、前の席の男性に向かって
「東京には、こんな透明スープの中華ソバはない? やろ!」と自慢げに話している。

image002_20190710163314657.png


彼女は中華そばを食べながら、私の食べている焼きそばを見て、
「焼きそばも美味しそうやなあ。他人の食べているものは美味しそうに見えるわ」というが、
どう反応していいのか分からずに黙って食べ終えて店を後にした。

後日、店主に聞いてみると、確かに大阪出身の有名なジャズシンガーで、
ライブで神戸に来た時には立ち寄られるとの事。

ここの中華ソバのファンは多い。

ある日、一階が混んでいたので、2階の丸テーブルに案内され、相席となったが、
前に座っているのは「中華ソバ」を食べ終わりかけている叔母ではないか?後で聞いてみると、
丸萬では中華ソバしか食べないという。

私は焼きそばファンだが、ここのワンタンも美味しい。ワンタンは雲吞(雲を飲む)と書く。
無論、実際の雲を飲んだことはないのだが、その名前に相応しくトロリとした触感が、
雲を飲む感じがする。

image004_201907101635337e2.png

ここは、汁物以外は持ち帰りも出来るので、母が自宅で病気療養中に、母とお手伝いさんに
「八宝菜」を買って差し入れをしたら、とても喜ばれた記憶がある。

年齢の高いファンの方が多く、家族連れが多いお店である。

(写真はいずれも食べログから)

【writer:Doctor - H 】
【検索タグ:中華料理】

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2019/07/19(金) 09:00:00|
  2. Doctor - H
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本茶カフェ 一日(ひとひ)

JR摂津本山駅から徒歩3分程の場所にある、日本茶カフェ 一日(ひとひ)さんに行ってきました。
カフェと聞くとコーヒーや紅茶・ケーキなどの洋物を連想してしまうで、店名をはじめて聞いた時は
『日本茶カフェ?!』となりました。慣れって怖いものですね(笑)
こちらのお店は、煎茶やほうじ茶・デザート類を提供されていて通年かき氷が食べれることでも
有名だそうです。お茶の産地や味わいにこだわりがあるのはもちろん、デザート類・かき氷は
シロップ類もすべて手作りで旬の食材・フルーツ類を使用されているようで季節によってメニューが
変わる限定ものを提供されています。
(販売中の季節限定のかき氷については、お店のブログをご参照ください。http://blog.livedoor.jp/hitohi/ )


image001_20190703145100ee5.jpg


ビルの2階にお店はあるのですが、1階の階段下に置かれてありメニューも貼ってある看板の前で
まずはにらめっこ。
お店に着いた時間帯が13時過ぎだったので、お腹の空きも満たせて甘いものも楽しめる嬉しいセットを
注文しました。



・お食事のメニューより『お茶漬け』

image003_20190703152223c23.jpg

店主こだわりのご飯と注文ごとに焼いてくれるだし巻き卵が、口に運ぶたびに身に染みわたる美味しさで、
お漬物がさらに味を占めてくれる感じでした。
そのままで食べきってしまう勢いでしたが、「お茶漬けを堪能しなければっ」と、半分弱はお茶漬けでいただきました。
ほうじ茶の香ばしさがご飯にとてもマッチしていて、今まで自宅で食べたいたお茶漬けとの違い(ほうじ茶の威力)に
びっくりしました。
・季節(芒種の頃)限定のかき氷より紅南高梅

image007_201907031534448f1.jpg

今年は2017年に漬けた2年ものの紅南高梅だそうです。
フワフワに削られた氷にたっぷりとかけられた梅のシロップは味も香りもしっかりしているのに、
甘すぎず後味はすっきりとしていました。
一緒に添えられているぽってりとし梅の実があまりにも美味しくて、これが2年ものかぁと心の中で
何度もつぶやきました。

今回は食事にプラスする形でかき氷を注文したのですが、スイーツ類の種類も豊富でおいしそうなものばかりでした。

image009_2019070315365937f.jpg




もちろん日本茶カフェですので、日本茶の種類もたくさんあります。
(お店のカウンターの中央には茶釜もありました。)

image011_20190703153800c3f.jpg




その日の気分で日本茶をセレクトするもよし!食べたいスイーツとそのスイーツにあう日本茶を
セレクトするもよし!
楽しみ方は訪れた人次第だなと思いました。
新しくて懐かしい日本茶カフェ『ひとひ』さんは、ホッとのんびりとした時間がすごせる
素敵な場所でした。
お店の様子などは下記ホームページ等をご参照ください。
HP:http://www.hitohi.jp/


【writer:Staff - Angel 】
【検索タグ:カフェ】

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/07/12(金) 09:00:00|
  2. Angel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偶然出会った話題のスイーツ ~ティラミススター~

記念日や家族・友人へのお土産、はたまた自分へのご褒美など、
老若男女問わず、スイーツを買う機会ってありますよね。
私も先日、健康診断の打ち上げ?(ってことにしておきましょう 笑)で、
新たなスイーツを探してぶらぶら街を散策しておりました。

そこで目に止まったのが、シンガポール生まれの瓶入りティラミスです。

さぁ、もうお気付きの方もおられることでしょう。
さすがでございます!
しかし私はこの時点ではまったく気が付かず、
単純に「美味しそうだな」と、いくつか購入することにしました。

驚いたのは、こちらの商品は半冷凍の状態で販売されていて、
帰宅後に冷蔵庫で解凍してから食べるのだそうです。
スグに楽しむことはできないので、せっかちさんはご注意くださいね!
「それなら」と、別のお店でスグに食べられるご褒美も追加してしまい…苦笑

翌日、
一晩冷蔵庫で寝かせた瓶入りティラミスを手にとり、
何気なくラベルを見た私は、ここでようやくあることに気が付きました。

“製造者 株式会社ティラミスヒーロー(ティラミススター)”

そうです!
あのテレビでも話題になっていたティラミス屋さんだったのです。

image001_201907031037219d2.png


「美味しいティラミス」と口コミが広がっていたのはもちろんなのですが、
それ以上に、後発他社にブランドロゴをコピー・商標登録され、
日本では『The Tiramisu Hero』を使用できないということが一躍話題となり、
一時、情報番組などで取り上げられていたのを私も耳にしていたのでした。
(キャラクターの猫ちゃんまで真似られた??)

まさか偶然見つけたスイーツが、そうだったとは。
日本では名を変え『The Tiramisu Star』として元祖の味を守り続けていたのです。
関東でしか買えないと思っていた美味しいものが、目の前にあるという、
棚からぼた餅的なこの感じ。ラッキー!
何だか、より一層美味しく戴くことができました。笑

ホームページによれば、現在のところ実店舗はシンガポールのみで、
関東は疎か日本ではオンラインショップでのお取り寄せでしか手に入らないのだそうです。
そんなに貴重だったとは、重ねてラッキ-!!

では何故私がこんなにも簡単に購入できたのかというと、
関東・関西・名古屋・九州の百貨店や商業施設に期間限定で出店販売されており、
そこに何も知らない私がぷらぷらと引き寄せられたというだけのお話でした。
チャンチャン

さぁ、気になった方・神戸にお立ち寄りの方・食べてみたい方は、
あと数日、神戸マルイの1階『MARUI MARCHE』に出店されていますので、
是非お急ぎください。



ティラミスヒーロー : https://thetiramisuherojapan.com/
ティラミススター(新サイト) : https://thetiramisustar.com/

※神戸マルイ1階『MARUI MARCHE』での出店期間・・・2019/6/26(水)~2019/7/9(火)



【writer:Staff - はんな】
【検索タグ:】スイーツ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2019/07/05(金) 09:00:00|
  2. はんな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

What's new?

Calendar

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive

Writer

Search

Link

Link

Counter

人気記事

ブログランキングに参加しています。